新着情報

セフレの作り方 あまり度をすぎて頻繁に会うことは避けた方がいい面もあります

投稿日:

お互いに適当な時に会って、気楽にエッチが良さを享受できる……というのが、セフレを装着前代未聞のメリットです。

しかし、巧みにセフレといい感じな付き合いを保っていくためには、あまり度をすぎて無闇に会うことは避けた方が良いところもあります。

ことさらお互いが遠くない場所に住んでいて、そんなに四苦八苦せずに会うことがやれる事例だと、平素は気楽に会えるので思わず何度も会ってしまいますが、長くたじろがない付き合いを念ずるのであれば、ほどほどの頻度をキープし、距離を保っておくことが肝心です。

それはなぜか?
セックスというのはどうなるかにかかわらず、身体が触るとがてらに、「気持ち」が生まれてしまうものだからです。
この偏りは男性よりも女性の方がひどいかもしれませんが、「潔さがあるセフレかかり合い」と二つ認識した上での人付き合いだったとしても、何度も何度も会ってエッチをしていれば、狙い通り身体だけでの繋がりでは物足りなくなります。
自動的に供人への「気持ち」が生まれて、相手の気持ちも手に入れたい、自分を好きなようになってほしい、などと期待が生まれてしまうものなのです。

もし、供人も自分も一きわラヴァーや結婚相手がいらせられるわけではなく、セフレから恋人になってもそのときはそのときで構わないのです、というのであればそれでもいいのですが、人付き合い出した時にあえて色事ではなくセフレ関係を望んだのであれば、レジメの事例、人目を忍ぶ関係にはなりたくない根拠あるはずです。

そして自分は身体だけの繋がりで満足できていたとしても、相手がそうとは限りません。
逆に自分が相手に気持ちを握ったまま深入りしてしまったとしても、供人は自分をセフレとしか知っていないのです、という事例もあります。
それでは辛酸をなめるだけですよね。

セフレとしての関係を維持やれる、ほどまともつかず離れずを維持なら、頻度餌食には多くてもウィーク1度程度のしておく方がグッドでしょう。
ことさら、供人や自分が既婚者ならば、のめりこみすぎて無闇に会っていればいらせられるほど、その関係がバレてしまい、ファミリがイカれる、なんてことにもなりかねません。

セフレとしての関係を念ずるのであれば、狙い通りきちんとセフレはセフレだと筋を引いて、巧みに付き合っていくことが大切りです。

出会い系関連記事

-新着情報

Copyright© セフレ作り方を徹底分析!出会い系サイト利用で効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.